E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5 はこんな感じ - ご不満ですか?

ご不満ですか? ホーム » スポンサー広告 » ライトノベル・コミック等 » E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5 はこんな感じ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5 はこんな感じ

興味を惹かれるような製品情報も無いので、レビューと言う程の内容ではありませんが、久しぶりに購入した製品紹介という事で、今日は昨日発売された雑誌「E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5」をご紹介させて頂きます。
そもそもこの書籍「えつぷらす」は何ぞ?という方もいらっしゃるかと思いますので簡単に触れますと、アールビバン株式会社のe・ジュネックス事業部内にある出版事業部メディエイションが発行しビオ・マガジンが発売する、人気イラストレーター等の書き下ろし漫画やイラストを掲載する雑誌「E☆2」が出版されていますが、語弊を招く事を承知で言えば、「E☆2」のような漫画作品を掲載せず、イラストレーターの作品画像やインタビュー等のみを載せている特別号のようなもの(厳密には「えつぷらす」は「アネモネ」の増刊扱いです)です。

E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5 2013年 10月号 [雑誌]E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5 2013年 10月号 [雑誌]
発売日 : 2013年8月31日
価格 : \500(税込)
出版社・ブランド : ビオマガジン
付録 : カントク 特殊印刷イラストシート4枚

今号の巻頭特集は、表紙絵でも飾られている「茨乃」さんとなります。茨乃さんの最近の作品で言えば、現在TVアニメが放送中の「神さまのいない日曜日」の原作ライトノベル(富士見ファンタジア文庫)の挿絵を描かれていらっしいますので、ご存じの方もいらっしゃる事と思います。特集内容としては、イラストギャラリー(まぁ、イラストがメインの雑誌ですしね)とインタビュー記事ですが、ファンの方にとってはイラスト(数点)を鑑賞するのはもちろん、茨乃さんのインタビューではプロになった切っ掛けや憧れの作家、使用しているソフトの他、プライベートについても触れられています。
私個人としては、茨乃さんのファンではありませんが、ファンの方にとってはインタビューも興味深い内容かもしれませんね。

 


次に目につく掲載内容は、単に告知のようなものですが、当ブログでもご紹介させて頂いている人気イラストレーターのカレンダー(当ブログ別ページ8月23日掲載「カントク カレンダー 2014 , Tony カレンダー 2014 , 珈琲貴族 カレンダー 2014」参照)と、それらカレンダーともふもふブランケットのセット製品となる誌上通販限定「アーティストカレンダー 2014&もふもふブランケットセット」の案内ですね。
この「アーティストカレンダー 2014&もふもふブランケットセット」は去年も発売されましたが、ブランケットの大きさは100cm×65cm、生地はコーラルパイル、絵柄はカレンダー表紙用描き下ろし作品となっており、本誌添付(綴込)専用払い込み用紙にて注文する誌上通販限定製品です。
こちらのブランケットセットが欲しい為に本誌を購入された、ないしされる方も少なくない事と思います。
2013年のカレンダーも印刷加工が素晴らしい出来でしたから、2014年カレンダーも期待大ですね。




ちょっと変わり種の企画記事ですし、上の2014年カレンダーの続きとも言えますが、人気イラストレーターで私も好きなイラストを描かれているカントクさんが、インキ工場と印刷工場を見学されている様子を掲載されています。
前述した2014年カレンダーは、私も絶賛した2013年カレンダーをさらに上回るクオリティーを目指されているとの事で興味深い内容でした。
そして本誌付録には、カントクさんの描かれたイラストを使用したイラストシートが付いており、このイラストシートは画集用インキ「ブリリアントパレット®」を使用した特殊イラストシートとなっています。インキの違いや印刷技法の違いがわかる4枚付いておりますが、興味深いと言うか面白さもありますが、その印刷クオリティーの高さにもカントクさんのファンとしてはちょっと嬉しい付録です。




他にも人気イラストレーター達(しらびさん、ひなたももさん、らぐほのえりかさん)のイラストやインタビュー記事、Karoryさんの本誌描き下ろしイラスト、梱枝りこさんと岸田メルさんの対談レポート等の記事が掲載されています。
この手の出版物を購入された事が無い方にとっては、本誌の薄さ(ページ数が少ない事)に驚かれるかもしれません。内容が主にイラストレーターやアーティスト等の作品を掲載した安価な書籍はこんなものですし、総文字数が多く読み応えを求める方には本誌価格が高く感じるかもしれません。と言ってもたかだか500円ですが。
好きなイラストレーターの作品やインタビュー記事が無い場合は、私も無理に購入するような雑誌では無いと思います。逆に言えば、お好きなイラストレーターの作品を見られたい方やインタビューを読まれたいという場合や今回の「アーティストカレンダー 2014&もふもふブランケットセット」のように誌上通販がある場合には、購入されても良いのではないでしょうか。



□関連記事
Tony 新作タペストリー(2013年8月29日) , 岸田メル 他新作タペストリー(8月24日)
カントク カレンダー 2014 , Tony カレンダー 2014 , 珈琲貴族 カレンダー 2014
てぃんくる カントク 新作タペストリー (2013年7月25日)



※本ページ掲載内容の概要並びに画像は、2013年8月31日発売、メディエイション発行、ビオ・マガジンが発売された「E☆2 (えつ) ぷらす Vol.5」(JANコード:4910115881035)より引用させて頂いております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。