超時空要塞マクロスⅡBlu-ray Box - ご不満ですか?

ご不満ですか? ホーム » スポンサー広告 » BDアニメ 発売日メモ » 超時空要塞マクロスⅡBlu-ray Box

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超時空要塞マクロスⅡBlu-ray Box

私は当時、今は無きLDにて全巻購入をしていますが、1992年当時に「超時空要塞マクロス」誕生10周年記念作品として製作・発売されたOVA「超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-」(全6話)を収録した Blu-ray Box が期間限定生産商品(2015年7月24日まで)として発売されますので簡単にお知らせいたします。

「マクロス」シリーズは、シリーズといっても後付設定や劇中作扱いやパラレルワールド扱いの作品が多いのですが、本作「超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-」は、一応「超時空要塞マクロス」の80年後を描いたものながらパラレルワールド作品とされています。冒頭記載した通り、私も購入していますが、美樹本晴彦さんのキャラデザである意味正統な作品ですが、完成度としてはう~ん…、期待値が大きかった事もあり、当時肩透かしを喰らったという感じです。

さて、予定されている特典・仕様ですが、特にこれといった目新しいものはありませんが、 封入特典としては何と100ページ(予定ですが)にもおよぶ特製ブックレットの封入、映像特典としてノンテロップOP&EDの収録、仕様としては描き下ろし収納BOX、描き下ろしインナージャケット等が予定されていてます。
「マクロス」シリーズファンならば、既に既発売のパッケージを購入済みとは思いますが、この機会に Blu-ray Box に買い替えるのも良いと思いますよ。さすがに既発売のVHSやDVDよりは遥に高画質だろうと思いますし、もう再生機器の環境的にもBDしかないでしょうしね。
(発売日・特典・収録内容・仕様等は、予告無く変更される場合がございますので予めご承知おき下さい)

超時空要塞マクロスII Blu-ray Box (期間限定生産: 2015年7月24日迄) 超時空要塞マクロスII Blu-ray Box (期間限定生産: 2015年7月24日迄)
品番 : BCXA-0885
発売日 : 2014年7月25日
価格 : \14,904(税込)
発売元 : バンダイビジュアル 販売元 : バンダイビジュアル
DISC内容 : 約155分/片面二層(BD50G)×2枚/MPEG-4 AVC/4:3
封入特典 : 特製ブックレット(100P予定)
映像特典 : ノンテロップOP&ED
仕様 : 描き下ろし収納BOX、描き下ろしインナージャケット
Ⓒ 1992 ビックウエスト/マクロス製作委員会

■INTRODUCTION
異星巨人・ゼントラーディとの戦争から遥か未来。かつて地球を救った宇宙戦艦マクロスも朽ち、人と同じサイズとなったゼントラーディ人らとともに、人類は新たな栄華を誇っていた。
スキャンダル専門のTVレポーター・ヒビキは、突如太陽系に侵略してきた異星軍と統合軍の戦闘を取材することになった。ミンメイ・アタック―「歌」に極度の動揺を起こすゼントラーディには最も効果的な攻撃方法―の視聴者が泣いてよろこぶシーンを押さえようと、ヒビキは民間用バルキリーを飛ばす。 だがヒビキが目撃したのは、なおも突進する敵に撃破される数々の統合軍部隊だった。
混乱するままに大破した敵戦艦に侵入した彼は、そこで美しい少女・イシュタルと出会う……。



超時空要塞マクロスII Blu-ray Box (期間限定生産: 2015年7月24日迄) ■STAFF
監督 : 八谷賢一
キャラクターデザイン : 美樹本晴彦
メカデザイン監修 : 大畑晃一
コンセプトデザイン : 渡部隆
シリーズ構成 : 富田祐弘
OPアニメーション : 大張正己
美術監督 : 中原英統
撮影監督 : 小西一廣
音響監督 : 本田保則
音楽 : 鷺巣詩郎
アニメーション制作 : AIC、オニロ

■CAST
イシュタル : 笠原弘子
神崎ヒビキ : 高山勉
シルビー・ジーナ : 冬馬由美
エクセグラン司令官 : 坂口芳貞
ネックス・ギルバート : 島田敏
ナスターシャ : 引田有美
沙織 : 原亜弥
エイミー : 國府田マリ子
フェフ : 古谷徹
イングス : 置鮎龍太郎
マッシュ : 草尾毅
ウェンディ・ライダー : 佐藤幸世
バルゼー : 渡部猛

■収録話及びSTORY
第1話「コンタクト」
TVレポーターのヒビキは、突如襲来してきた謎の敵と統合軍の戦闘を
取材することになった。統合軍の歌による攻撃を押さえようと
民間用バルキリーを飛ばすヒビキ。
だが、実際に彼が目撃した光景は、次々に撃破される味方の姿だった。
そして、混乱したまま大破した敵戦艦に突入したヒビキは、美しい少女と出会う・・・。

第2話「イシュタル」
謎の少女を大破した敵戦艦から連れ帰ったヒビキ。
そして、今まで知ることのなかった地球の文化に触れて行く内に
心を開いた少女は、ヒビキに自らをイシュタルと名乗る。
そんな彼女に地球の文化を教えるべくテーマパークへ向かうヒビキ。
だが、マクロスの姿を見たイシュタルは表情を曇らす。「あれはアルスの船!?」と・・・。

第3話「フェスティバル」
マクロスの艦橋で、ヒビキに自分のことを話すイシュタル。
そしてイシュタルは、初めて知った地球の歌を
もっと知りたいとヒビキに願い出る。
そんな彼女を月面のムーンフェスティバルへ連れて行くヒビキ。
だが、フェスティバルもクライマックスというところで、
シルビーと歌手のウェンディが敵に捕われてしまい・・・。

第4話「マルドゥーク・ディスオーダ」
マルドゥークに捕らえられ、その尖兵として
洗脳を施されそうだったヒビキは、シルビーによって救出された。
そして、イシュタルを救おうと、彼女が運び込まれた
旗艦サーライドにバルキリーIIで突入するヒビキとシルビー。
一方、イシュタルはマルドゥークの戦いが間違いだと
発言したために洗脳を施されようとしていた・・・。

第5話「ステーション・ブレーク」
イシュタル救出に失敗したヒビキとシルビーは、地球に戻った。
そして、マルドゥーク艦内の映像を人々に公開しようと
軍内部の器材で放送を試みるヒビキたちだったが、
保安部隊に取り押さえられてしまう。
その頃、統合軍とマルドゥーク軍による戦闘が開始されていた。
だが、マクロスキャノンを用いても状況は変わらずに・・・。

第6話「シング・アロング」(最終話)
マルドゥーク軍の圧倒的な火力により壊滅状態に陥った統合軍。
今や地球人類の命運は、風前の灯火に等しいものだった。
そんな局面を打開すべくエクセグラン司令官は、
敵の中央集権的指揮系統の弱点をつくべくマクロスの主砲による
敵旗艦へのピンポイント攻撃をシルビーに命じる。
果たして、地球人類の命運は・・・!?


Ⓒ 1992 ビックウエスト/マクロス製作委員会



□関連記事
Blu-ray BOX (2011年発売~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。